ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

いでや、この世に生れては

shuyo2008-06-25

http://waranote.blog76.fc2.com/blog-entry-1181.html

誰かがやりそうでこれまで誰も?やらなかった徒然草の現代語訳
いや まじめな現代語訳は受験参考書に載っているけれども
こういうノリの訳はやっぱり面白い