ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

今から5年前

shuyo2005-08-22

誰も読まないJ-POP批評 というのを書いていたが
その中で Iwish について 


>at 2000 08/22 14:54

 モーニング娘。の10thシングル I wish を聞くことができたが
 b正直なところちょっと失望している
 歌詞がきれいごとに終始していて薄っぺらな印象しか残らないのだ
 メジャーになったら無難な曲を というのが業界の常識なのかもしれないが 
 初期の曲にあったような攻撃的な歌詞が全く影をひそめてしまって
 まるっきり平凡な曲になってしまっている メンバーのパート割りにも問題がある

と書いていた。
5年たった今でもこの印象は変わっていない。
4期生が加入した ハピサマ あたりから
なぜか歌詞がPTA監修みたいな綺麗事になっていったのである。

その4期生も3人が卒業し 5期・6期が中心になった娘。であるが
なにか方向が定まっていないように感じる
そして卒業した4期生のWや美勇伝にしても
ユニットのコンセプトが固まっていないように思える。