ガヴォット第1番ホ長調 ”今はもう砂塵の彼方”

ハロヲタのための24のガヴォット 第1番ホ長調  はてなダイヤリーの 今はもう人生を語らず を はてなブログの 砂塵の彼方 にインポートしました。 


このサイトはコンピュータおよびあなたの大脳に障害を与える可能性があります。
人は若いときほど人生を語りたがるようで人生も終盤に近づくとあまり語りません
  そう誰もが人生の初心者なのだから 
 
賢い人は 歳をとるほど 謙虚になる 賢くない人は 歳をとるほど 傲慢になる



元朝秘史 蒼き美貴帝と白き雅(1)

shuyo2005-02-26

ウラシル大陸内陸部の自然は厳しい
気候は寒冷で 冬は氷点下60℃くらいまで気温が下がる
雨はほとんど降らず 土地は痩せて作物は育たない
この地では古くから遊牧民族が厳しい自然と戦って暮らしており
強大な統一国家など生まれるべくもなかった。

遊牧民族はたびたび南の農耕民族の国に侵入し略奪を行ったので
農耕民族の帝國は 真里の長城 を築いて遊牧民族の侵入に備えた

そんなある年の2月26日 大平原の中で
後に世界を震撼とさせた1人の英雄が生誕した。

5歳になるころには屈強な大人を打ち負かすほどの強さを見せ
7歳のときには将軍として各地の部族を次々と征服していった

藤本美貴: いったいこの世界はどこまで続いているのか

佐紀:   世界はとても広うございます。
      いくつもの国があり 海のむこうにも国があります。

藤本美貴:  海とはどのようなものか

雅:    満々と水をたたえ その上を船が行き来しております

藤本美貴:  ぜひこの目で見てみたいものじゃな

それから10年 青魏の長安を占領すると この地に建国し 美貴帝 となった
これが歴史に名高い 2・26事件 であった。