ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

ハロプロ三国志・魏書(第9回)

shuyo2005-01-24

ここはヘビーロードの中間地点で
世界の特産物が集まるザナルカンド
この世界の中心で
自分は1番可愛いと叫ぶ さゆみん姫 がいた

さゆみん姫: 鏡よ鏡 世界で1番可愛いのは誰?

鏡の精:   それは さゆみん姫 でございます。

鏡の精は世渡り上手であった。
しかし世界の中心には東や西から旅人の噂が集まる

旅人A:東の国の美貴帝こそ世界一の美女だ
旅人B:いや西の果てのチャーミー大帝こそ世界一だ
旅人C:東の果ての黄金の島には絶世の美女がいるらしい

さゆみん姫: 世界の美女をこのザナルカンドに集め
       美女世界選手権を開こう

配下: もし さゆみん姫以外の者が優勝したら

さゆみん姫:  亡きものにするまでよ

配下:   ・・・・・・・・・・・・



同じころ 世界の東の果て 越後の魔鉱国で
とんでもない事件が発生していた。

友理奈:一大事です。魔鉱四天王の1人である
    斉藤瞳が キターッ朝鮮 の
    キムタクジョンイルに拉致されました。

麻琴王:なに 四天王は1人でも欠ければ
    魔鉱炉は動かなくなってしまう
    早急に取り返さねば

友理奈: しかし相手は あの キムタクジョンイルです
     ここは青魏の圭織帝に協力を要請するしか

麻琴王: 青魏の言葉を話せるのは友理奈しかいないのか

友理奈: 私が行くしか方法はありませんね