ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

W&Berrryz工房 in 大阪国際会議場

shuyo2004-09-04

夏休みも終わり 青春18きっぷ の使用期限も迫ってきたが
ようやく4日目を使う機会がやってきた 
しかもチケは最前列(キョードー大阪 は 大阪城ホールのハロコンでも最前列だった)

大阪はそんなに遠くないので朝早く出る必要はない
10:41 の名鉄高速バスでまず栄まで行って 東急ハンズ で サイリウムを買い込む
久屋大通から桜通線に乗って名古屋へ
12:00 新快速大垣行き で12:31大垣着
大垣というと岐阜県のはずれだから遠いように思えるが
実際には県内の豊橋よりもはるかに近い
岐阜からは各停になるのに30分で着く
しかしここからが不便(でもないけど)
12:36 米原行き が極端に車両が少ないので当然満員 13:10 米原着
13:16 網干行き 高槻から快速になり 15:04 大阪着
(新快速だと 14:44着 だが 20分しか違わないなら確実に座れるほうがいい)

大阪環状線に乗り換えるため階段を登っていたら 突然訪ねられた
新今宮 どっちが早く着きますか”
反射的に ”内回りのほうが早いですよ” と答えたけど
案外微妙かもしれないね 直線距離はずっと少ないけど

福島で降りて歩いていくと どうやらこのへんは
歌で有名な 中の島 らしいが 情緒はなくビルが並ぶオフィス街のようだ

食べ物屋は見つからなかったので国際会議場のレストランに行った
こういうところは高いのが普通だけど さすが大阪 というか
学食みたいなカフェテリア形式でリズナブルな値段 生ビールもある

駅からのルートが渦巻きになってたので露天がなかったが
最短距離で来るほうの道路にあったので舞波バッジを買って
ホール前にいたら妙なアンケートにつかまった
そのうちにようやく開演時間が近くなったので入場
もちろん市原や名古屋とセットリストは同じだが
(名古屋は 友情・純情・・・ がなかったかな)
最前列右サイドなので今回が1番ドキドキする

終演後は歩いて福島に戻り今宮経由でJR難波へ
(途中に たいしょう という駅があったのでムチャ笑った)

道頓堀では3m歩くごとにキャバクラの呼び込みにつかまる
なんとかかわしてマンボウ戎橋店に逃げ込んだ

そして心斎橋のアルデバランで長い?1日が終わった。