ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

W ついにCDデビュー

shuyo2004-05-18

4月3日に大阪城ホールで聞いて以来 ライブやTV番組などでは何回も聞いてきたが ようやくCDが発売された。
万全を期して予約しておいたので無事入手することができ さっそく車の中で聞いてみた。
特に c/w の 月影のナポリ と 悲しき16才 は これまで聞く機会がなかったので楽しみにしていた。 
月影のナポリ も聞き覚えのある曲だったが 悲しき16才 はもっと強い記憶があった。
80年代のJ-POPでこんな曲があったはず。 としばらく考えて思い出した

松田聖子の Eighteen だ!

♪夢の中に出てきた あなたはとても素敵(Eighteen)
♪ひとりぼっちお部屋で 夢見るわあの人(悲しき16才)

タイトルも歌詞もメロディーも実によく似ている。

悲しき16才 は たぶん60年代の洋楽だと思うので
80年代のEighteen のほうがパクっているんだろうけど
ここまで露骨にやってると見事というほかない
今頃気づいたのか と言われそうだけど