ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

もしも、明日が晴れなら (井上陽水)  

at 2001 04/27 21:56 編集


♪明日 風が吹いてたら
 君をつれて野を歩こう
 君の髪が風とあそび
 ほほにふれ輝く
 それは僕を夢にはこぶ
 もしも明日が風なら

井上陽水のファーストアルバム
断絶 に収められた素晴らしい歌詞である
曲もアレンジも詩の世界を壊さないように
控えめになっていて ギターの音が美しい
こういう世界は後の陽水には見られない