ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

アーカイブから続々見つかる昔の・・・

http://web.archive.org/web/20050501121156/http://chance.gaiax.com/home/hochocho/main

 

♪そっと手が触れて沈黙になった 空気変えようと突っついたら

 

ZYXのセカンドシングル 白いTOKYO です。 結局このあと活動停止みたいになってますが・・・・・

 

ってことはさておき  J-POPの歌詞には やたら東京ローカルな地名が登場します。

 

実際に東京近郊に住んでいるのは日本人の1割程度なのに 東京のマスコミは 日本=東京だと思い込んでいるのか

 

地方の人にはわからない話題をよくやってますね。 で 名古屋なんですが

 

歌にはほとんど登場しません

 

地方(というか東京以外)でも 大阪 神戸 京都 長崎 札幌 などは比較的歌に登場するんですが

 

名古屋は見事なまでに干されてます。 まさに 歌にもならない名古屋  これはよく言われる

 

文化不毛の地 というのに関係があるのかもしれません

 

東京(関東) 大阪(京阪神) という2大文化地帯に近いため すぐれた文化の担い手が流出してしまうためでしょう

 

住民にも 文化などというメシのタネにならないことはするな という意識があなり強くあります。

 

 

 

<<名古屋のグルメ事情>>

 

名古屋にはうまい店は少ないような気がします。 これにはいろいろ原因があるでしょうが

 

客が店を育てる努力をしていない ということにつきると思います。

 

名古屋ではうまい店 より 安くて量がある ほうが繁盛する傾向があるようです。

 

名古屋人はケチ とよく言われますが 大阪のケチと大きく違うのは

 

大阪は 実を取る のに 名古屋は 見栄をとる ということ

 

だから結婚式の引き出物でも 大きくてかさばるものが喜ばれるわけです。

 

文化の違い といえばそれまでなんですが

 

腹さえ膨れればいい という考え方は 単位さえとれればいい という考え方につながる という名言?を

 

某 西洋文学の教授のかたが言っておられました。

 

 

 

<<名古屋の交通事情>>

 

名古屋およびその周辺は 公共交通機関が極めて不便です。車がなければ生活できません。

 

とりわけJRの依存度が低く 某 地理学教授の話によると

 

トヨタを儲けさせるためにJRがサボっている そうなのですが

 

JRに限らず 私鉄や市営も含めて 鉄道が少ない ということは確かです。

 

しかも終電が早いので都心に取り残されると悲惨です。

 

交通機関に限らず 店も早く閉まるようで 夜が非常に早い これも 文化不毛 の原因の1つかもしれないです。