読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

セシウム

福島市の水道水から ヨウ素131 セシウム134 セシウム137 が検出されました。
どれも天然には存在しないはずの核種なので事故のあった福島原発から運ばれたものでしょう。

セシウムという元素は原子番号55番
周期表では1族のいちばん下(Frは除く)に位置する
アルカリ金属の中でも1番反応性の大きい金属ですが
存在量はそんなに多くありません。
(地球上では最外殻の電子を失った1価の陽イオンとして存在しています。)
安定同位体は セシウム133 で存在比は100%
すなわちこれ以外の同位体は天然には存在しないものです。

セシウム137は核分裂生成物で
原子爆弾や原子力発電でウラン235やプルトニウム239などが
核分裂したときに生成し 半減期は約30年
β崩壊によってバリウム137になります。
(β崩壊すると原子番号が1つ増え、質量数は変化しない)
またこのときにβ線γ線を放出します。

セシウム134は核分裂では生成しません。
安定同位体セシウム133が中性子を捕獲して生成したもので
半減期は約2年 β崩壊によってバリウム134になるほか
軌道電子捕獲によってキセノン134にもなります。
(軌道電子捕獲をすると陽子が中性子になるので原子番号が減る)

こうした天然には存在するはずもない核種が
原発からかなり離れた福島市の水道水から検出されたということは
汚染状況がそうとう深刻になっているということです。


セシウムアルカリ金属なので
生体に大量に存在しているナトリウムやカリウムと性質が似ていて
1価の陽イオンの状態で水や食品とともに体内に入ってきます。
もし放射性のセシウムが含まれていると
カリウムと同じように神経や筋肉にとりこまれ
そこからβ線γ線が出るので深刻な放射線障害を起こします。

1987年にブラジルのゴイアニアで不幸な事件がおきました。
廃院となった病院に放置されていた線源が持ち出され
250人の住民が被曝し、4人が死亡する結果になり、
その地域は土を入れ替えなければならなくなりました。

医療用の小さな線源ですら、これだけの悲惨な事故がおきるわけですから
もし大量の放射性物質が外部に漏れ出すようなことがあれば
数百万人が被曝し、数十万人が死亡する可能性もあります。
また日本のみならず周辺の国にも汚染が広がるかもしれません。