読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

不滅のジョンソン

最初の頃は うたばん の扱いや MCの石橋や中居
さらには うたばん という番組そのものに対しても
否定的な意見が圧倒的でした。

ジョンソン というニックネームも
多くの圭織ヲタが反発していてトラブルもありました。

このジョンソンというのは70年代に活躍?した巨人の選手で
MCの石橋貴明は自身が帝京高校野球部の出身で
よく出演者に野球選手の名前をつけていました。
(当時阪神にもジョンソンという選手がいましたが無関係です)
だから決してネガティブなものではないのですが
当初圭織本人が異常ないやがりかたをしていたので
ヲタの間では けしからん という風潮が強かったわけです

ところが一般の視聴者には好評で
結果的に多くの人に覚えてもらえたし
娘。のブレイクにも貢献することになりました。

今見てもホントにギリギリのところで成り立っていた戦略でした。