ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

バケツの水

一転して軽い感じの曲だが歌詞の内容はむしろ重い


♪バケツの水は毎日捨てたほうがいいみたいです。
 なのにダメなこのあたしはついついいっぱいにしてしまって
 人生を台無しにしてる。

バケツの水が何を表しているのか その解釈によって
いろんな意味にとれそうだけどじっくり考えてみるのもいい