ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

GW最終日

shuyo2007-05-06

連休の最終日が日曜日だと
明日からフルサイズの1週間が始まるわけで・・・・

今日は東と西でライブが行われています
東はSSAで娘。コン(よっすぃ卒コン)
西は大阪厚生でBerryz工房 続・桜満開 

明日からのことを考えると完全休養にあてなければいけないので
どちらにも参戦していませんが
昨日までの3日は地元の愛知厚生年金会館で3連戦でした

5月3日昼 ℃-ute ゴールデン初デート 1階L列
5月4日昼 Berryz工房 続・桜満開   2階F列
5月5日夜 安倍なつみ ヴァンサンク  1階F列

この中では5日のなっちコンが生バンドということもあって
圧倒的にライブのクオリティは高かったように思います
(席が良かったこともあるかもしれませんが)

少し前の娘。コンも含めるとライブそのもののクオリティは

なっち>>娘。>℃-uteBerryz工房

ということになるでしょうか
℃-uteBerryz工房は音響の酷さも限度を越えてました

Berryz工房はSSAとセットリストが2曲しか違わず
新曲がほとんどないのでマンネリ気味
ソロがあるにはあったけど全員で歌っていた曲の使いまわし
その点では℃-uteや娘。はオリジナルのソロナンバーがある
キャリアの長い娘。は当然として
後発?の℃-uteにソロナンバーがあるのに
3年のキャリアのあるBerryz工房にソロナンバーがないのはどうしてだろう

なっちはアーティストへのエレベーターを
ようやく上りはじめたようで
日本を代表するボーカリストになれるかもしれない