ガヴォット第1番ホ長調 ”今はもう砂塵の彼方”

はてなブログの 砂塵の彼方 に  はてなダイヤリーの 今はもう人生を語らず をインポートしました。 


このサイトはコンピュータおよびあなたの大脳に障害を与える可能性があります。
人は若いときほど人生を語りたがるようで人生も終盤に近づくとあまり語りません
  そう誰もが人生の初心者なのだから 
 
賢い人は 歳をとるほど 謙虚になる 賢くない人は 歳をとるほど 傲慢になる
りほろだ 天然かおりんす ハロプロ公式サイト mixi 小生の掲示板 アンテナ フォト

昔 ニューミュージック という言葉がさかんに使われた

shuyo2007-03-02

直訳すれば ”新しい音楽” ということになるのだが
音楽のジャンルとして現在でも使われている

現在 ニューミュージック というのは
70年代後半から80年代前半にかけての非演歌系非歌謡曲系のJ-POP
をさしているようだ

つまり

ニューミュージック=古い音楽

ということになる


新しいものはいずれ古くなるわけだから
何でも ニュー をつけていけばおかしなことになるわけだ

ニュータイプ(新人類)という言葉も今ではずいぶん変だ

地名にも ニュー を冠したものが多い

ニューヨーク  ニューデリー  ニューオリンズ
ニューカレドニア  ニューメキシコ  ニュートリノ


あ 最後のは違うか(爆)


ニュー を漢字にすると  乳  入  柔 ・・・・
にゅうとう  という読みに対しては

乳頭 乳糖 入湯 入党  ・・・・・

昔 鶴光のオールナイトニッポン で 
鶴光が女性のゲストや聴取者に  

乳頭の色は?

と いかにもいやらしく聞いていたなぁ

乳ミュージック というジャンルもできるかもしれないなぁ