ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

女性アイドル20年史(1)1986年

shuyo2005-09-26

何年か前に アイドル30年史 というのを書いたけど
どちらかというと70年代が中心だったので
1986年から2005年までをとりあげてみようと思う。

1986年というのはいわゆる おニャン子 の全盛時代でした。
そんな中でソロの 非おニャン子 として活躍してたのが西村知美
80年代全体で見ても最もアイドルらしいアイドルだったんじゃないでしょうか

ところが なかなか1位がとれない ことごとく おニャン子 にはばまれるんですな

1st 夢色メッセージ は 2位   (1位は 河合その子 青いスタスィオン)
2nd 見えてますか夢 も 2位 (1位は 高井麻巳子 シンデレラたちへの伝言)
3rd わたし ドリーミング は 3位  (1位 石井明美 2位 福永恵規 ) 

この 夢3部作 もいいけれど
ベストは 1stアルバムの最後にあった

バルセロナーイメージの中でー 

でしょう
本人も1番好きだと言っていたような記憶がある

 

レコード大賞の新人賞は
 

仮面舞踏会」 少年隊 ちあき哲也 筒美京平 船山基紀
CHA-CHA-CHA石井明美 今野雄二 B.Rosellini F.Baldoni 他戸塚 修
「わたし、ドリーミング」 西村知美安井かずみ 加藤和彦 武部聡志
「夢飛行」 真璃子 松本 隆 筒美京平 山川恵津子
「乙女日和」 水谷麻里 松本 隆 筒美京平 武部聡志

 

水谷麻里 は後に漫画家の 江口寿志 と結婚したけど
歌唱力は相当ぶっ飛んでました

 

ほかにも

島田奈美 (負けないで・・・片想い)
勇直子  (センターラインが終わるとき)
山本理沙 (恋する素敵)
森川美穂 (教室)  
山瀬まみ (メロンのためいき)

などの名曲が目白押しだったが おニャン子 の影に隠れてしまった

(メロンのためいき はユーミンの作品)

島田奈美はこのとき15歳でデビューしたわけですが
18歳で引退してしまいました。
アイドルの賞味期限も短くなったなぁ と当時思いましたが
福田明日香は14歳で引退 
そして石村舞波は12歳で引退 ということになってしまいました。

 

おニャン子 からのソロデビューでは

渡辺満里奈 (深呼吸して)
渡辺美奈代 (瞳に約束)
福永恵規  (風のinvitation)
城之内早苗 (あじさい橋)

(いっぱいあるけどキリがないので・・・)

 

忘れてはならないB級っぽいところでは

宝生桜子 (風のテレフォンコール)
そんなにうまくはなかったかもしれないけど
さわやかな声で曲もまずまずでした。


藤井一子 (チェックポイント)
この曲は良かったけど 初恋進化論 がヒドかった

後藤恭子 (ペガサスの少女)


浅倉亜紀 (オータムリップス) 
これも曲がいいです たしかローソンのCMソング
ほかに 陽当たり良好 とか 恋へのボーダーライン もいい
デビュー曲はたぶん 南の風・夏少女



江戸真樹 ( Love あのコ・夏のMaki.) 

♪私の名前は 江戸真樹です はじめまして 

最初に聴いたのが 右上がりの初恋 だったので
もう1年後かなと思っていましたが
こっちがデビュー曲で1986年に出ているようです。
ただこの2曲以外は記憶がないので引退は早かったのかも

かすかな記憶しかないが
松永夏代子(メランコリーの軌跡)


小原靖子(恋はBUCHI BUCHI!)は
広島弁で歌っていたのを覚えています
後に相原勇という名前になったらしいですが
こっちはあんまり覚えていません
デビュー曲の ちょっとHENSHIN も聴いたことがない


早瀬優香子
ポリエステル ってアルバムが出て
ジャッケットにPETの構造式が印刷されていました。


山崎美貴(借りたままのサリンジャー
サビしか思い出せない


今井美樹
1987年の 野生の風 しか記憶にないのですが
1986年にデビューしていたのかな
アイドルというよりアーティストのイメージが強いかも


杉浦幸(悲しいな)
おニャン子杉浦美雪という人もいたんで紛らわしい




この年は全体に優れた楽曲が多かったと思います。


あとこの年はファミコンですね
アトランチスの謎 グーニーズ 忍者ハットリくん
グラディウス スターソルジャー マイティボンジャック 
ゼルダの伝説 ドラゴンクエスト
容量が小さいから音も絵もショぼいんだけど
不思議とのめりこめるゲームが多かった