ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

音楽ジャンルの幅広い世代

shuyo2005-08-29

はてなダイアリー の場合リンク元が
表示されるわけだけど ときどき奇妙なものがある。
ディナーショー+会場+写真 はまだわかるけど
オークラホテル高松+銭湯  ってのがよくわからない
難の目的でこんな組み合わせで検索したんでしょうか? 

おとなり日記をたどっていったら
共産党志位和夫さんが同じ1954年生まれで
クラシックファンだということを発見した。

http://d.hatena.ne.jp/yskszk/20050829

この世代に共通するものはやはりあるような気がする
そういえば守澤さんも同世代だ

さらにリンクをたどって
http://tb.plaza.rakuten.co.jp/kyodaiken/diary/200508270001/
を読んでいて
この世代は音楽ジャンルが幅広いことに気づいた。
それより前だとメディアがまだ未発達で
いろんな音楽に接する機会がなかったし
それより後だとメディアが増えすぎて
個人でそれぞれのメディアを所有するようになった。

子供の頃は一家で同じTVを見て
若い頃にFM放送や深夜放送を聴き
大人になっていろんなメディアを所有するようになった世代は
いろんなジャンルの音楽に接する機会があったからだと思う

さて注目URLにも音楽の話題

http://ameblo.jp/misutirusann/entry-10003749346.html

パクリのネタはもういいって
これだけたくさんの曲があふれてりゃどっか似てくるし
J-POPの90%以上はパクリだって話もある。
ただこの オレンジレンジ 世代によって評価が異なる
同世代からやや下の世代も含めて評価は低い
ということはもっと若い世代に熱狂的に支えられている ということ
21世紀は世代によって聴く音楽が全く違ってしまった。

そんな中でハロプロは比較的世代の垣根が少ないほうだろう
若い世代にアピールしつつ上の世代も意識した曲作りをしているからだろう。