ガヴォット第1番ホ長調 ”今はもう砂塵の彼方”

ハロヲタのための24のガヴォット 第1番ホ長調  はてなダイヤリーの 今はもう人生を語らず を はてなブログの 砂塵の彼方 にインポートしました。 


このサイトはコンピュータおよびあなたの大脳に障害を与える可能性があります。
人は若いときほど人生を語りたがるようで人生も終盤に近づくとあまり語りません
  そう誰もが人生の初心者なのだから 
 
賢い人は 歳をとるほど 謙虚になる 賢くない人は 歳をとるほど 傲慢になる



圭織ディナーショーinラ・クロシェット

shuyo2005-03-21


32時間にわたる長い旅から帰還しました。
とにかくサプライズだらけのソロライブでした。
かねてから望んでいた
①生バンドのバック
②小さな会場
③静かに聴ける
というすべての望みがかなったうえに
ハワイにでも行かない限り不可能だと思っていた

圭織とのツーショット写真

まで実現してしまったわけですから・・・・

そうなるとあらためて最近の娘。コンハロコンに対して
①カラオケなのはともかく音響が酷い
②会場が大きいと距離がありすぎるのはともかく見えないこともある
③ヲタがうるさすぎてかんじんの歌が聴けない
などの問題点が感じられるわけです。
難しい問題ではあるのですが大きな問題でもあると思います。

あとちょっと気になることがあるのですが
少人数のライブっを行った意図は
ファンとの距離を縮めることでしょうし
それだと人数が限られてしまうので
公演回数を多くしたんだと思います。
できるだけ多くの人にこういう雰囲気で聴いて欲しい
という圭織の想いがあるならば
何度も入るのはどうかと思います。
1会員2枚とれますから連番で2回まではいいとして
(それも本当はやってほしくないのかも)
それ以上は遠慮しておくべきだと思いますがどうでしょうか
落選した人もいるわけですから

でも心温かい節度のあるファンが多かったので
またこういうライブをやってくれそうな気はします。
こはちょっと安心しました。