ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

ハロプロ三国志・魏書(第10回)

shuyo2005-01-26

青魏の東方海上の島にある魔鉱国は
俄かに騒然となっていた。
瞳に続いて今度は めぐみ が
キターッ朝鮮に拉致されたのである。

友里奈:間違いありません。
    キムタクジョンイルは魔鉱炉の自国開発を狙っています。
    急いで青魏に渡り話をつけてきます。
    貢物は十分に用意したほうがいいでしょう。

麻琴王:世界の命運はそなたの活躍にかかっておる。武運を祈る

こうして友里奈は御手淫船に乗り青魏に渡った

友理奈:キターッ朝鮮に魔鉱炉の技術が渡ると世界の危機です。

圭織帝:その魔鉱炉とはどのようなものなのか

友理奈:物質は原子と空間からなる ということをご存知ですか

圭織帝:デモクリトリスの原子説か

友理奈デモクリトスです。
    魔鉱炉は原子の中心にひそむ 強い力 を引き出すのです

圭織帝:つまり悪魔の枢軸の手にわたる前にたたきつぶせ ということか

友理奈:魔鉱国と手を握っていただけますか

圭織帝:もちろんだ 手を握れ青魏の味方 というではないか

その年大陸東部は大寒波に襲われた。