ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

なんとアンコールの最後の曲が 人生を語らず でした。

他にも72年から74年頃の全盛期の曲がたくさんありました。
肺を手術したとはとても思えないパワフルなボーカルは
とても50代後半の人とは思えなかったし、
全盛期より上手くなってるように感じました。

バックバンドも瀬尾一三指揮のブラスやストリングスを加えた大編成
相当にクオリティの高いライブでした