ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

豊田は陸の孤島

そんなわけで豊田スタジアムのライブレポがようやく完結したわけだけど
あらためて思ったのは

ここでワールドカップをやってたら どうなっていたんだろう ってこと

会場へのアクセスがあまりにも悪すぎるのである
豊田市駅からのバスが渋滞で動かない ということはもちろん
豊田市へのアクセス自体が不便すぎ

まず名古屋からだと 地下鉄&豊田新線 しかないわけだが
この路線は急行や特急はおろか 快速電車すらないわけで すべて各駅停車
ものすごく時間がかかるうえに運賃が高い

岡崎からは愛知環状鉄道が出ているが
これも本数が少ないうえに各駅停車しかない

知立から名鉄三河線があるけどこれもあまり便利じゃない

公共交通機関を便利にすると車が売れなくなるから とよく言われるが
近代都市としてはあまりにもお粗末な状況で
これではワールドカップやライブ以前に
日常生活さえ満足にできない

首都圏や関西と比べて鉄道は半世紀以上遅れているような気がする
いちおう三河安城に新幹線が止まるのだが
ここは在来線の快速すら止まらず ほとんど意味がない
不便な場所に空港を作るくらいなら鉄道を整備すべきじゃないのだろうか