ガヴォット第1番ホ長調 第2楽章 ”砂塵の彼方”

芸能界の浮沈常ならぬ世にしあれば、時移り、事去り、楽しび・悲しび行きかひて・・・・・、ホ長調の曲にてぞ60年をふりかえらん 

[誰も読まなかったJ-pop批評]

aiko 椎名林檎 宇多田ヒカル 浜崎あゆみ
こういった人たちの曲はどうも聴いていて気持ちが良くない
曲もそうだが 詩にとくに抵抗を感じる
よく 等身大 という表現をされることが多いが 
今の若い女性がみんなこんなだったらちょっとやりきれなくなる
(そうじゃない人もたくさんいると思うが)
何よりも誠実さが感じられないのがイヤだ
男性では ゆず や 19 なども
同様に誠実さが感じられず軽い感じがする
等身大 といえば聞こえはいいが いいかげんさがそのまんま出ているだけなら
あまり長続きはしないと思うのだが
こればかりは何年かたってみないとわからない